松木寛(まつき・ひろし)プロフィール
matuski-11

コーチ紹介


松木寛(まつき・ひろし)
・セルフエンパワーメントコーチ
・理学療法士
・統合医療カウンセラー
・日本抗加齢医学会認定指導士
・全米ヨガアライアンス養成学校講師

私は、体の専門家(理学療法士)として、病気や怪我をされた方の身体的な治療を長年してきました。そして、その理学療法士時代、身体が元通りに回復されているにも関わらず、絶望的な表情で退院される人、一方では後遺症が残りながらも次の目標へ向けて笑顔で退院されている方など、大勢見てきました。

そんな中で、「本当に身体にばかりアプローチして、本質的な幸せのお手伝いができている のか?」と常に疑問を感じていました。
そして、病気や怪我をする前(予防)に関わりたいと考え、抗加齢医学やヨガを学び、臨床で活かしてきました。しかし、それでも何か根本的な関わりができていないと感じていたある時、私の人生で最大に落ち込む出来事が起こりました。

その出来事を通して、「私は何のために生まれてきたんだ?」「私は誰なのだ?」という根源 的な問いを自分に数ヶ月間、問い続けました。その数ヶ月間は、患者様を目の前にして” 自分の不甲斐なさ” に泣いてしまうこともありました。しかし、その問いを自分に投げ続けた ある時、ぼんやりと、自分の進むべき道、本当にやりたいことが見えてきました。
その時、落ち込んだ出来事が起こった時の状況とは何も変わらないのに、なぜだか今まで感じたことのないような「最高な幸福感」を感じていました。

そこで、「人の幸せを決めるのは環境ではない。心が決めるんだ!」ということを確信し、 そこから科学的手法に基づいた潜在意識を扱う手法(NLP、LAB プロファイル、ヒプノセラ ピーの枠を超えた言葉を活用した心理技術)を深く学んでいきました。

その後、自分のこれまでの知識や技術と融合させ、自らに力を授ける独自の成功理論「セルフエンパワーメントメソッド」を確立し、臨床現場で試みていると、信じられないような出来事(奇跡的な回復される方)が次々を起こり始めました。そして、このことは新たな医療を創造すると確信し、会社を立ち上げ、日本全国、世界に拡げるための現在の活動に至っています。

現在は、「病気は自分で創ったものなのだから、やめられる」そのためのカウンセリングを 行いながら、病気以外の方々(アスリートやビジネスマン)にも健康で幸せになるためのセミナーやプログラム提供も行っています。

2017年6月に初の共著「読むだけで深〜い眠りにつける本」(あさ出版)を出版。

実績

ガン、うつ、糖尿病、喘息、呼吸器症状、アトピー、パニック障害、不眠、認知症、坐骨神経痛、身体の歪みの改善、仕事の成果が上がる、やりたかったことが実現する、会いたかった人に出遭うなど

 

SNSでも情報発信をおこなっています

理学療法士時代のブログ

理学療法士国家試験に合格する前(2005年)から始めたブログです。


関連記事

  1. autumn-sunshine-2916763_1280

    当社のコーチングについて

  2. walk-2635038_1280

    実績・お客様の声