病気を治したい思いの奥にある本来の望みを叶える
health-1227

病気の心理的要因を解消するコース


健康とは、何なのか

WHO憲章 前⽂ 健康の定義
“Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.”

「完全な⾁体的(physical)、精神的(mental)、Spiritual及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、単に疾病⼜は病弱の存在しないことではない」

平成10年に「スピリチュアル」と「ダイナミックな状態」が健康の定義に付け加えられました。この背景として、「健康」の確保において⽣きている意味・⽣きがいなどの追求が重要であるという⾒解、また、スピリチュアルは⼈間の尊厳の確保やQuality of Life(⽣活の質)を考えるために必要な、本質的なものであること、また、ダイナミックについては、「健康と疾病は別個のものではなく連続したものである」という意味づけの発⾔がなされています。

⽣きている意味・⽣きがい、そして、健康と疾病の連続性

私たちは、病気になったことによって「今まで⾃分の出来ていたこと」の⼤切だったと気づく時間が訪れます。また、病気になることで連想されてくる「できない⾃分」への変化が、未来への不安や恐怖をつくる最⼤の要因であるのかもしれません。

そして、「もっとこう⽣きていればよかった」という本当の想いにも触れることにもなります。健康の定義を⾒てみると、これは疾病や病弱という状況だけが、健康を損ねるものではないということがわかります。

健康とは、⾁体的にも、精神的にも、スピリチュアル的にも、社会的福祉的にも、停滞せず、繁栄している感覚を感じている状態、つまり、⽣きている感覚、⽣きがいを⼗分に感じている感覚であるのでしょう。

病気は本来の⾃分へ導くためのメッセージを送り続けている

病気の⼼理的要因を探っていくと、疾患別にある特定の⼼理的背景が存在していることに気づくことが多いです。

⾼⾎圧であれば、強い怒りを持っていたり、⼦宮・卵巣などは⼥性性を否定して男性性を主に活動(男性に負けないように頑張るなど)していたり、腎臓ではパートナーシップの問題(過去も現在も含めて)を抱えていたりと、特定の病気や症状と⼼理的要因は密接につながっています。

ただ、ある程度の⼼理的傾向性は参考になるにしても、その中⾝はそれぞれの体験によって複雑に絡みあっており、どんな体験が今の⾃分の⽣きにくさにつながっているのかは丁寧に紐解いていく必要があります。丁寧に⾃分という存在を紐解いていくことによって、「⾃分の最⾼の輝きはこれだったのか!」「⾃分で本当はこういうことを望んでいたのか!」というように、⼀緒に発⾒していく時間になっていきます。

病気からの⾃分へのメッセージに気づけば、⾃分はそのメッセージから何を⼤切にし、どんな⾏動をしていくのかがわかります。そのことによって、病気という存在が必要なくなり、⾝体から消えていくという流れが起きる事例を何度も⾒ることができるのは、私たちに病気という存在の本質的な⾒⽅を教えてくれているようでもあります。

奇跡的に回復した⽅の共通点とは

近年、⻄洋医学では治らないとされた⽅、原因不明の病気や症状が治った⽅などの例が後をたちません。私のセッションを受け、治らないとされた病気をご⾃分で治された⽅も含めて、どのような共通点があるのでしょうか?

それは、「病気を治したい」という⼼理状態ではなく、本来の⾃分を⽣きることにフォーカスをあて、「⾃分らしさとは何か?」「⾃分は何者か」「⾃分は何のために⽣きているのか」という⾃分⾃⾝への究極の問いの中から⾃分の可能性を⾒出し、意識的または無意識的に⾃分らしさを⽣きている状況になった時に、治らないとされた病気を⾃分の⼒でやめていかれることを起こしていることが多いです。

潜在意識的な視点、量⼦物理学的視点から⾒てもと、このような共通点があることは当然のようにも思えます(説明は省略)。

本コースを通じて、病気を治したいという思いの奥にある本来の⾃分が望んでいることを叶えていくための⾏動や考え⽅を潜在意識を通して、発⾒し、変化させていくことによって、考え⽅だけでなく、⽣き⽅を変えていくからこそ無限の可能性を発揮できる状態になると考えています。

セルフエンパワーメントで⾏う健康サポートとは

病気になったことで、必ず、今までの⽣活では気づかなかったことに気づくことが起きてきます。病気になったことで体験する⼼理状態、そこには、⾝体の機能が変化すること、環境が変化すること、⼈間関係が変化すること、など複数の変化が重なっています。

その変化によって体験する⼼理状態を丁寧に観察し、⾝体に影響を与えている⼼理状態との関係から、⼼理的背景を抽出し、それを解消していくことで、⾝体の変化にとどまらず、病気という表現の裏にある、本当の望み、つまり⽣きがいの部分に焦点を向け、それを叶えるための関わり⽅と通してサポートさせていただきます。

「病気は⾃分で創ったのだから、⾃分でやめられる。」この⾔葉をあなた⾃⾝が、体験できるよう全⼒でサポートさせていただきます。

セルフエンパワーメント 病気の⼼理的要因を解消するコースのステップ

※変化が出るまでの期間は、ご本人の取り組み方や、阻害している心理的要因の質や量によって異なりますが、概ね数回のセッションで変化が出て行く方が多いです。

Ⅰ.病気がきっかけとなって変化している現状を把握する

①解消したい病気の経過や現状を明確にする

Ⅱ.病気を⾃分でやめるための⼼と体の関係を知る

②病気を⾃分でやめられるメカニズムを解説

Ⅲ.病気を発⽣させている⼼理的背景を抽出し、解消する

③病気の⼼理的要因を特定(病気の奥に潜む本質的問題の特定)
④病気の⼼理的要因を解消

Ⅳ.病気という表現の裏にある⾃分の本当の望み、⽣き⽅・在り⽅を導き出す

⑤本質的問題から⾒える⾃分の本当の望みに気づく

Ⅴ.本当の望みを叶えることの阻害要因を外す

⑥潜在意識にある⾃分の本当の望みを叶えられない原因を特定
⑦⾃分の本当の望みを叶えられない原因を解消

Ⅵ.⾃分の本当の望みを叶えるための潜在意識の調整

⑧本当の望みを叶えるステップを明確にする
⑨その在り⽅で⽣きられるように潜在意識を調整

※①から⑨のステップは⼈によって多少異なります。

病気の心理的要因を解消するコースのよくある質問

Q1.家族が病気の場合も対応していただけるのでしょうか?
A:はい。ご家族の病気にも対応可能です。ご家族へのアプローチの前にお申込み者様の⼼
理的サポートが必要な場合もありますのでお気軽にご相談下さい。

Q2.どんな治療も信じることができない⾃分がいます。何をすれば病気をやめることができるのでしょうか?
A:あらゆる治療をやってみたものの、効果が得られず、治療への期待が持てなくなったという⽅もいらっしゃいます。その場合は、治療への不信感の部分にまずアプローチし、そこから気づくご⾃⾝の本当の想いを知るところからスタートできます。「病気によって何を表現したかったのか?」という視点で捉えてみると、他の表現⽅法で⾃分の想いが叶えられることがわかり、病気を知らないうちにやめていたというケースは珍しくありません。

Q3.対象となる病気はどのようなものがあるのでしょうか?
A:どのような病気や症状も対象となります。病気と関連のある⼼理的背景を探り、その部分にアプローチすることは変わりません。お気軽にご相談ください。

Q4.どのぐらいの期間で、病気をやめることができますか?
A:個⼈の⼼理的要因の状態によって期間は様々ですが、解消ステップのどのあたりに進んでいるのかを毎回⼀緒に確認していきます。進む中で時間をかけた⽅がいいステップはより丁寧に進むこともありますし、スッと解消する場合もあります。その都度個⼈に合わせて⾏います。

Q5.何歳からこのコースを受けることができますか?
A:会話ができる年齢であれば、何歳からでも可能ですが、最初にお申込み者様(親御さんなど)へのアプローチが効果的な場合もありますので、お気軽にご相談ください。

Q6.⼊院中でもこのコースを受けることはできますか?
A:はい、可能です。病室へ出張することもありますし、オンライン(Skype、LINE、Zoom、電話)でも⾏うことができますので、お気軽にご相談ください。

Q7.オンラインでのコース参加も可能ですか?
A:はい、可能です。オンラインによるセッションから、対⾯セッションに切り替えていくことを希望される⽅もいらっしゃいます。状態、状況によって変更も可能ですので、お気軽にご相談ください。

Q8.原因不明と⾔われている病気・症状でも対象となるのでしょうか?
A:どのような病気や症状であっても対象です。病気や症状を引き起こしている⼼理的背景にアプローチするため、お気軽にご相談ください。

お申込み・お問合せはこちらから

コースへのお申込・お問合せはこちらから送信してください。

◆区分
 お申込み お問合せ

◆コース名
 イップス克服コース トラウマ解放コース 病気の心理的要因を解消するコース 理想のパートナーシップを築く自分になるコース セラピスト・医療従事者・カウンセラー・コーチのための能⼒開発コース 最高の自分を生きる自己信頼コース(深い自己認識の先へ)