自分の理想像と現在の状態のズレ

今の仕事をどうしても好きになれなくて、「このまま続けてもいいのかな」と悩まれる方も多いと思います。

「この仕事はあまり人の役にたてる気がしない」

「この仕事は残業も多いし、自分の時間がとれない」

「もっと自分を活かせる場があるのではないか」

などと思っている方も少なくないと思います。

「どうしてその仕事が好きになれないのか?」という点から考えていくと、

例えば、

「本当の自分の思いで選んだのではなく、周囲を納得させるために選択した仕事だったり・・」

「楽だから、給料が高いから、という理由でその仕事を選択していたり・・」

「資格があれば安心だから、とりあえずこの資格を活かして働けるところで働いておきたい」

などを考えていたりするかもしれません。

上の例えで共通しているのは、その仕事をする目的が自分の望んでいる理想的な自分像とマッチングしていないという状態です。

仮に今の仕事が完全な理想な仕事でなくても、自分の目指す理想像に向かって進んでいる感覚があれば、「今は○○のためにこの仕事をやっている」「この仕事を続ければ、こういう理想的な自分像になる」みたいな感覚で今の仕事を取り組むことができるでしょう。

それにはまず「自分はどんな自分になりたいのか?」という問いに答えを出すことも重要なのかもしれません。

その仕事を好きになれない理由

今やっている仕事にやりがいを感じている人もいれば、自分の何かの使命だと思っている人もいると思います。

そして、職場の人間関係が良好で楽しくてやめられないという人もいます。

これは自分にとって大変心地よい状況であり、脳ではどのようなことが起きているかというと、理想的な自分や好きな自分が無意識に想起されています。

逆にその仕事が好きになれない、嫌だなという時は、

仕事中に、自分では認めたくない自分(例:私は価値がない)を意識してしまう時だったりします。

つまり、実際は仕事が好きではないだけではなく、その背景にその仕事をしている自分が自分で嫌なのです。

それは、その仕事に対して自分の価値観にあわない意味づけをしているからです。

意味づけを探すなら、何が嫌なのかを分解したり、どんなルールを今の仕事にくっつけているのかを探ったりもします。

仕事に対する意味づけが、どんな自分の価値観にあわなかったのかを整理してみてもいいかもしれません。

そして、その仕事を嫌だなと感じる自分から、どのような”認めたくない自分”を見つけていくのか?は、この場面を今、そして未来に活かす重要な手段となります。

自分の思考の中から答えを見いだすことが正しい手段とは限らない

ただ、本当に私たちはそんなに思考を使うことが正しいのでしょうか?

仕事が嫌いな理由を、自分の思考の中から見いだすことだけが、この問題の解決策とは限りません。

むしろ、そんな難しく考えなくても、嫌いなものは嫌いなわけです。笑

その自分の嫌という気持ちに素直になって辞めることも、その瞬間、自分を大切にするという意味では重要な選択肢のひとつです。

自分の言葉や気持ちに素直に嘘のない選択をし続けることが、どれほどパワフルな自分、そして、パワフルな現実を創造するのかについては、様々なところで語られていますし、私も何度も経験上実感しています。

その立場から考えると、その好きでない仕事をその瞬間やることは自分に正直に生きていますか?という質問を自分に投げかけることもできます。

仮に自分に起きる出来事すべてを本気で信頼していたとしたら、今好きでない仕事はすぐにでもやめるでしょう。

しかし、自分の可能性を信じていなければ、大切に持ってきた自分のパターン(この場合は仕事)を手放すことは難しいでしょう。

今ある仕事を続けるとしても、最終的に向かう先とどうつながるのか?というところに整理ができていない状態で続けている限り、自分に嘘をつくことになり、葛藤は大きくなるだけです。

そして、

1.何かを避けたいから今の仕事を続けているのか、
2.何かを得るために今の仕事を続けているのか、

1と2では、脳の動き方、思考パターンが全く異なり、結果も大きく変わってくるでしょう。

何気ない瞬間に感じている自分の価値観

仕事に対してお金が大事と考えている人に儲け話するのと、

仕事に対してやりがいを感じている人に儲け話するのでは響きが違うことは誰も想像しやすいと思います。

それと同じように、例えば

ある起業家から「僕は若い時にそれまでの道を捨てて、みえない道に進んだ。なぜなら、その道の方が面白そうだったから。でも、今になってわかる、みんなが思ってる安全な道は、別に安全なんかではなく、僕にとっては危険な道にさえみえる。なぜなら、いつどうやって解雇されるか分からないからだ。」といわれたとします。

その時、自分が直感的にどう反応するでしょうか?

すごく気持ちが楽になる人もいれば、でたらめなこというな、成功者のいうセリフだ!と反応する人もいると思います。

そこにどう響いたかで自分が仕事に対して大切にしている価値観が見えてきたりもします。

その自分に素直になるのか、その自分に素直になれないのかは人生の大きな分かれ目です。

ですが、すぐに辞めることだけが正解でもないでしょう。
辞めるという行動や続けるという行動の裏に自分がどんな背景を持っているかが重要です。

仕事の葛藤は楽に自然に解消することができるのか?

結論からいうと、答えはありません。

しかし、葛藤を自然に取り除いていくには、自分は何と何で葛藤が起きているのか?

その葛藤の裏に自分にどんな制約やルールを設けていたのか?

と分析していくことで、葛藤とは違う世界に移行することは可能です。

しかし、大きな変化は少なからず葛藤や勇気が必要なことがあります。

その勇気を踏み出せないのは、「自分の人生を信頼できていない」という前提が隠れていたりもします。

それを自分で気づいて、葛藤を瞬間で乗り越える人もいれば、葛藤を分析して、丁寧に自分を見つめる人もいるでしょう。

どちらの方法でも違う方法でも共通するのは、どれだけ心の奥で自分を信頼することができているのか?

ここにつきます。

そこで、10月9日(日)に「やっぱり全ては自己信頼。自分を好きになる究極のステップ」というワークショップを開催いたします。

気になる方はこちらをクリックしてください