私たちは、本当に自分のことを大切にしているのでしょうか?

私たちは、誰もが少なからず過去に後悔したことがあるかもしれません。

「あの時、ああしとけばよかったなぁ・・」

「あの時、こうしとけばよかったのに・・」

などの気持ちもでることもあるかもしれません。

もしかして、大切な気づきを得た時にでさえ、

「もっと早くからこうしておけばよかった」

などの後悔が湧いてくるかもしれません。

しかし、後悔は、私たちに本当は何のために湧いてくるのでしょうか?

もしかしたら、後悔は、「今ならこうできる!」「今、本当はこうしたい」という「今大切にしていること」を私たち自身に強く感じさせてくれるものなのかもしれません。

後悔で自分を責めるのではなく、後悔から自分を大切にする想いを見つけてみることが、何よりも今の自分を大切にすることになるのかもしれません。

後悔していることの裏にある自分の想いを今この瞬間から大切にすることしか私たちはできないのかもしれません。