個人セッションのご感想を頂きました。
許可をいただいているものをご紹介させていただきます。

この方は「モチベーションを上げたい、動きたくても動けない状態を何とかしたい」というご相談でした。

松木さんの主催するセミナーに参加し、そのセミナー内容と自分の感じた結果から、期待感が持てたため、カウンセリングに申込みました。

松木さんのカウンセリングを受ける前のカウンセリングのイメージは、「分析はするが、いまひとつ納得するアドバイスがもらえない。」というものでしたが、今回受けてみて、「きちんと期待する結果が得られた」と満足しています。

自分が感じる変化は、やる気ほぼゼロの状態だったものが、翌日、以前と同じようなやる気レベルに回復した部分

セッションが始まり、少したったところで、松木さんより自分の抱えている問題点と解決方針が分かったと言われたため、大変に期待感を持ったことを思い出します。

セッション終了時には、自分の抱えている問題の原因が自分が誤って持ってしまった思考が原因であるということが理解でき、腹落ちできました。

1回のセッションできちんと結果が得られるところが、松木さんのカウンセリングの凄さだと感じています。

心の深堀に時間をかけるのではなく、分析は短時間で、解決を導くことに時間をかける。単なる分析にとどまらず、解決思考のカウンセリングであり、信頼感が増しました。

この方のように1回のセッションで期待された効果が得られる場合も、そうでない場合もあるかとは思います。

セッション2回目以降に大きなことに「はっ!」と気づき、人生を劇的に変化させていく方もいれば、初回にとても大切な気づきを得られていく方もいます。

2回目以降に大切なことに気がつく方も、実はそれは1回目に大切な過程を踏んだからこそだったりもします。

そして、このご感想をいただけた方の素晴らしかった点として、自分の今までの繰り返していた思考パターンを理解した上で、セッション終了後すぐに新しい自分の表現を自分で決めたやり方で行動することができたところです。

行動することが絶対に必要と強調したいのではなく、仮にすぐに行動できなくてもただ行動できない理由は別に存在しているだけで、それを手放せばすぐに行動できるようになっていきます。

そのため、仮に行動できない自分を見ても、その自分を責める必要もなく、ただ行動できない自分に気づけばどうにでもなります。

もちろん、違った思考パターンで今までとは違った新たな行動をすれば、新たな感覚を体験することができ、それが自分がいかに今まで偏った思考で人生を繰り返してきたのかに気づいたりして、それが本当の自分を思い出すための大切な情報にもなっていきます。

そして、その新たな思考での新たな行動は、その行動の先にある自分の可能性を本気で信頼していたからこそできる行動だったりします。

人は、今までの生き方を変えていくことは強い決断や勇気が必要と感じ、簡単にできるものではありません。それが良い変化が起きるとわかっていても無意識は変化を望まない傾向があったりします。

それを上回る情熱や純粋な気持ちで迷わず実行したクライアントさんには、その行動の裏にある自己信頼を思い出したのだろうと思います。

少しでもそのきっかけになれたのなら幸いに思います。