明美さん(仮名)から、個人セッションのご感想を頂きました。
許可をいただいているものをご紹介させていただきます。

facebookやblogを読み、松木さんの志向が非常に興味深く感じたためカウンセリングの申込みをしました。

カウンセリング前は、どのようにセッションが進められるのか不安と半信半疑な部分が少しありましたが、実際に終わってみると、「裸にされたけど、清々しい気持ち」になりました。

私は、人生に迷いがありセッションを受ける決心をしました。

今、一生懸命している事が、本心でやりたいことなのか分かりませんでした。

しかし、セッションを受けている最中から、心から叫びたいほど、やりたい事が浮かび上がってきました

その瞬間から、魂の沈静化が起き、いつも明るく振舞っていたこと、とにかく相手に優しい言葉を無駄に多くかけていた行動、相手の同意にハッキリ断れないという行動が、減少し非常につまらない人間になった様な感覚を得ました。

しかし、それはいつも繕っていた鎧を剥いだ状態になったという事だったことに気づくと、冷静な判断が行いやすく、対人面での疲労が減り、自身の持つ目標に対する意識や、そこに必要なものを選択する力がグングン湧いてきました。

そして、気がついた時には、自然に坐骨神経痛がなくなっていました。

そして、今は心から尊敬をしているアメリカ陸上のオリンピック選手と、いつか仕事で関わりたいと思っていますが、その選手と直接コンタクトが取れたりと、確実に信じられない変化が起き始めています。

明美さんは、セッションの中で、これまで何年も大切にしてきた行動や思いが、実はある欠乏感から発生していたことだと気づかれ、自分の中から本当の想いを見つけていかれました。

そして、そう決めてからの彼女の行動力はとても素晴らしいものでした。

そして、明美さんからは、ずっと症状が続いていた坐骨神経痛もこれをきっかけに消えたというご報告をいただきました。

今、その新たな目標に向かって、一歩一歩歩みを進めていることを大変嬉しく思います。