o1280091413755531858

2016年10月9日に開催した、
やっぱり全ては自己信頼。自分を好きになる究極のステップ
のご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

これから変化していく希望を持てた
初めての松木さんのセミナーであり、心理学的なセミナーはいつも使っていない思考を問われることがあるので、最初は自分の分析、考察が適切であるか不安であったが、ワークの途中でわからない点を質問すると、適切に回答していただき、自分の考えのまま進めて良いということが分かり参加している意義を感じることができた。さらに、自分の回答へ一歩進んだ考察をするアドバイスもいただき、鋭い分析にカウンセラーとしてのプロフェッショナルを感じた。
どうしても早い回答を求めようとしてしまうが、無駄の無い核心に導くアプローチは、とてもとても信頼感を与えるものであり、自分の将来への希望を与えていただき感謝の気持ちが芽生えた。自分の大枠のテーマが分かり、そのテーマを解決することで、これから変化していく希望を持てた。

 

瞑想でも辿り着けなかった深い部分に気づけた
一つ 喘息の方の 例を出されたときに 突然小さいころのことを思い出しました。今回 ここが一番大きかったです。
これまでに、何回か小さいころの体験に瞑想で入っていっていたのですが、初めてここが出てきました。
それにより 今まで「本質を受け入れてほしい、自分自身が受け入れたい」 と思っている自分に気づきました。

 

難しいと思っていたことは実は簡単でシンプルなんだと思いました
ここまでと思えるほどの愛が溢れる熱いセミナー、やっぱり参加できて良かったと一言に尽きます。
5時間の内容を2時間に凝縮しましたと、おしゃっていたとおり、どれだけ、このセミナーの為にエネルギーを注いてくださったのかということがワークから体感できるセミナーでした。(参加者には伝わりますよね)
不思議と一体感が感じる心地良いセミナーでした。松木先生の愛ある内容が濃いセミナーで愛が循環していくんだなぁとつくづく思いました。ありがとうございました。

 

確かに振り返ると自分を信用してないというか、自信がない部分もありました
決して言葉には出来ない事を今回用紙上ですが記載してみて、日頃そこまで考える事が無かったので貴重な経験になりました。まだ私は22歳ですが、他の同い年の人にはない観点を持っている事が幸せに感じます。 これから先にさらに自分の変化が楽しみになります。
本当は5時間のセミナーを2時間に凝縮したとの話があって、 今後機会がありましたら長い時間をかけてのセミナーを開いていただきたいです。

 

全ての現象は、自身の栄養源であることをセミナーをきっかけに気づき始めています。
ワーク体験を通じて楽しみながら理解を深め、そこから資料の質問や松木さんの会話を伺うという事が、より自己信頼の意味を認識出来ました。また、個人的には2時間という時間枠が、一番、集中が出来てよいと感じました。このシリーズを2回に分けて、セミナー開催して頂けたら、より自己信頼の意識が深まるのではないかと勝手ながら思いました。自己信頼セミナーに参加をし、他者に対する視点の変化を体得し始めています。得れば得るほど、自身の魂が静まりかえっていく様子がわかります。
まだ、自己信頼の核には辿り着けてはいないのが実情ですが、身の回りに起こる現象(他者の行動、態度、発言の表面や裏からの気づき)に対してポジティブな思考や志向を持ち始めています。
もう一度、セミナーの資料をじっくりと、書き込みをしていきたいと思います。
大変貴重なセミナーを開催して下さり、心より感謝の言葉を申し上げます。有難うございました。

 

ワークショップ終了後にも気づきを得られています
ワークをする前では、「訳もなくイヤな予感、、、怖い」という、引き気味な気持ちが強かったですが、ワーク後では、今、求めていることが明らかになり、すっきりしました。
ワークがたくさんあったので、じっくり、しっかり発見できました。また、家に帰ってからも、「そういえば、これもある!」と他のことも発見していけました。

 

端的な説明がわかりやすかった
以前にも他の方のセミナーに参加したことがあります。いつもこういったセミナーは女性ばかりのことが多いのに、今回は男性もたくさんいらっしゃっていることに驚きました。
2時間という短い時間のセミナーでしたが、ハードなワークだったのであっという間の2時間でした。
一度にあまりに多くのことをお話いただくと要点がわかりにくかったりするのですが、今回は短い時間で端的にお話しくださったのでわかりやすかったです。今回は、アンケートの送付が遅くなりまして、申し訳ございません。
でも、おかげで先日の復習ができました!

 

嫌な人がたくさんいて、イライラしたりするのは当たり前
自分の感情や考えが素直にポッと出るようになり、その感情に従えるようになったように感じます。以前は、感情や考えが出てもすぐに否定してしまったり、他の人はどうなんだろうとか考えてしまっていました。
フィルターみたいなものが取れて、視界がすっきりしたような感じです。松木さんのお話を聞いて納得しました。本当の想いを大切にせず我慢ばかりしてきたので、嫌な人がたくさんいて、イライラしたりするのは当たり前だなと思いました。
発想を切り替えたり、本当の自分を大切にするということはなかなか難しいですが、毎日少しずつ変えていきたいと思います。

 

このワークショップでは、自分のことを本当に好きになること、本当の自己信頼という感覚をわかることをテーマに質問に答えながら自分と対話をする時間をとりました。

自分が認められなかったと思ってしまうような体験は、「だれかのため」「なにかのため」という動機を持って、自分を認めさせようとする行動を選ぶことになりますが、多くの場合それは本来自分がやりたかったものとは異なることに気づけません。認めさせようとする部分から認められないという現実体験を起こし「価値のなさ」を増幅させます。

しかし、認められないと思い込んでいるその思いは、何かのきっかけにより自分が勝手に解釈しただけです。

自分が解釈して決めたということを知ることができると、自分でその解釈を変更し、「新たな自分にとって心地よい思い」を自分の中に取り入れることも、あるステップ(段階)を踏めば、可能になってきます。

今回はそのステップに添って、ひとつひとつ丁寧に自分の解釈を開放していくことをしていきました。自分と向き合えう方法を実践できたことで、家に帰ってからも、自分の解釈を開放するということを続けて下さっていることが、ご感想の中からも感じ取れました。

 

今回は、5時間以上かけてもいいくらいの濃い内容を2時間にまとめました。今後さらに濃く深い内容を、時間をかけてお伝えできたらと考えております。