先日、クライアントさんからある連絡が届きました。

そのクライアントさんは、息子さんが受験の大事な時期に「塾に行きたくない!」と言い出し、「今が大切なことを何でわからないの!!」と怒りと落胆で混乱されていました。

息子さんには、これまで他にもいろいろなことを裏切られ、息子さんへの自分の気持ちがわからなくなっていました。

さらに、旦那様も家事や教育全てにおいて、非協力的な上に攻撃的で、その部分でも大きな悩みを抱えていました。

しかし、セッションを通じて、息子さんへの教育やアドバイスが、自分の欠乏感によるコントロールだと気づき、その奥にある自分の息子さんへの純粋な思い(「ただ愛している」という思い)に気づかれていきました。

クライアントさんが覚悟を持って、完全なる愛を信じ、コントロールを手放した先に、現実が一気に好転したということがとてもわかりやすく表現されているメッセージをいただきました。

下記にクライアントさんからいただいたそのご感想をシェアさせていただきます。
(シェアの許可はいただいております)

ーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは、夜分遅くに申し訳ありません。

長男の受験に関しての件ですが、松木さんに色々教えて頂いて、長男に対しての私の本当の思いは何だろうと問いかけていました。

そして「長男が幸せならそれでいい」という思いに気づきました

不登校になったり、塾をさぼったり、ふてくされたり、散々困らせられて、腹が立ってあきれて、長男に対して私は「嫌な思い」を持っていると思っていたのに、「私は長男を愛しているんだ」ということに気づきました。むしろ、愛は溢れていました。
そして、長男の辛い思いをわかってあげられなくて申し訳ないと思いました。
と同時に、そんな自分を認め、許すこともできました。

長男には、今日の昼間にLINEでですが、「あなたが幸せならそれでいい」「辛い思いをわかってあげられなくてごめんね」と伝えました。

松木さんが言って下さったように、例え中卒で働くと決断しても、どんな答えを長男が出そうと、長男と自分を信頼すると決め、腹をくくりました。

そして、先ほど長男は
「目標にしている高校を受験する」
「今の塾を辞めて、個人指導の塾に行きたい」
という結論を出しました。

そして、驚いたことに、今朝夫が息子のために、◯◯神社へ合格祈願へ行くと言い、次男と出かけました。

あの冷徹な夫がそんなことを言うなんて、私は本当にビックリしました。
本当にこちらが変わると動き出すのですね。

これもすべて松木さんが私を導いて下さったお陰です。たった一回しかセッションに行っていないのに、ご親切に丁寧に教えて下さって、本当にありがたくて感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございます。
長くなり申し訳ありません。

ーーーーーーーー

ここまでがいただいたご感想です。

特に自分の思いに気づいた後、自分を責めることなく、認め、許しているところが本当に素晴らしい変化を導いたのかなと思います。

いろいろな気づきを自分の中から見つけていくこと、そしてそれを手放していくことがひとつの鍵にはなりますが、その時に注意しなければいけないのは、自分を責めないことです。

後悔するような気づきは、その気づきに対してジャッジをしていて、自分を苦しめるための気づきになることもあります。

そうではなく、自分の中に「そんな思いがあったのね」「これからはこうするね!」という感覚でいたら、どんどん好転していきます。

いろいろな大切なことを私自身も教えていただいたご感想でした。