平成28年4月から東京・表参道首藤クリニック付属統合医療研究所にて、メンタルカウンセラーとして病気をやめるお手伝いをさせていただきます。

4月以降のカウンセリングの問い合わせも多いので、詳細をご紹介させて戴きます。

メンタルカウンセリングといえば、精神科でも心療内科などの心の病についてだけが対象に思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

表参道首藤クリニック付属統合医療研究所は、内科・小児科の他に、ガン、アレルギー(アトピー性皮膚炎、気管支喘息)、膠原病、リウマチ、パーキンソン病、小児科疾患の他に、難病をはじめ、あらゆる疾患の治療や相談にのらせて戴いているのが特徴です。

このような疾患に対するメンタルカウンセリングは効果が多くの事例を通して実証されているのに、医療の中でメンタルカウンセリングをアプローチとして取り組んでいる医療機関は残念ながらほとんどないのが現状です。

なぜ、メンタルカウンセリングによって、病気の根本原因である心の奥にあるものが変化すると、ガンや認知症や難病だけでなく、様々な身体症状が変化し、病気が病気でいられなくなるのか?

メンタルカウンセリングによって、治らないとされてきた様々な身体症状が改善した事例が増え続けているのは、なぜなのか?

カウンセリングでは、心と病気の深い関係性と、なぜ改善する可能性があるのかを丁寧に説明しながら、クライアント様のご不安の解消とともに進めさせていただきます。

こちらの記事もご参考にしていただけたら幸いです。

病気の根本原因とは

ガンの根本的な原因とは?

認知症の本当の原因とは?

病気が治りにくい理由

潜在意識の調整で病気をやめられる理由

 

ご予約の流れはこちらのページをご覧ください。