梯谷幸司氏は、なぜ人の人生を簡単に変えられるのか?

目次
1.梯谷幸司(はしがいこうじ)氏とは
1−1.梯谷幸司氏との出会い
1−2.梯谷幸司氏の人柄
2.学んだことを実践したらとんでもないことに
3.なぜ、私が結果を出せたのか?
4.梯谷幸司氏主催のセミナー
5.はしがいこうじ氏主催のプログラム
6.はしがいこうじ氏のミッション
7.梯谷幸司氏は、なぜ人の人生を変えられるのか?
8.シークレットスライトオブランゲージの先にある個性
9.梯谷幸司氏の書籍
10.まとめ

1.梯谷幸司(はしがいこうじ)氏とは

梯谷幸司(はしがいこうじ)氏は、企業向けコンサルタントとして活動されていますが、近年は「病気を言葉でやめさせる」という新たな取り組みをはじめており、癌や難病から回復させる事例など、強烈な成果を出されています。
私は、梯谷幸司氏の主催するプログラム「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」の1期生(2015年3月にスタート)として参加させていただきました。
なぜ、梯谷氏がそのような常識を覆すような結果をだせるのか?について、今だからこそわかることもあります。
そこで学ばせていただき、感じたことも含めてご紹介させていただきます。

「自分の人生を生きていないとき」人は病気になる|プレジデントオンライン
「病気になる人の思考回路には共通点がある」ガン含め数百人の病を“やめさせた”メンタルトレーナーが断言|日刊SPA

1−1.梯谷幸司氏との出会い

2015年2月頃、ある友人のFacebookのタイムラインで、少し怪しげな記事(梯谷幸司氏の記事)を発見しました。
その記事を読んでみると、「この人、ただ者ではない、何かとんでもない力を持っている!」と確信のようなものを感じたのが懐かしく思います。
当時の私は、”人生最大に落ち込む出来事”からやっと立ち直り、新しい人生を前向きに生きている時期でした。
その人生最大のどん底の中、私は「何に命をかけるのか?」「何のために生まれてきたのか?」とずっと問いかけていました。
そんな中、梯谷幸司(はしがいこうじ)氏主催の「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」というプログラムの広告を目にしました。そのことを知った瞬間に「絶対参加したい!」と思いましたが、そのコースの参加費が高額だったこともあり、少し躊躇しました。
しかし、結局、無意識の力で引き寄せられるように、梯谷幸司先生と顔を合わせたこともないまま、「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」へ申し込みを決めました。今、振り返ってみても、あの決断は、私の人生を変えるために最高の決断だったと思っています。それが私が梯谷幸司氏と最初に出会うまでの出来事です。

1−2.梯谷幸司氏の人柄

2015年3月19日、シークレット・スライト・オブ・ランゲージの第一期がはじまりました。先生の見た目が強面で厳しそうな印象だったのですが、すぐにその印象は覆されることになります。「自分の人生を変えてやる!」と強い覚悟で参加していた私は、梯谷幸司先生を困らせるほど講座の中で多くの質問をしました。その質問のひとつひとつに嫌な顔ひとつすることなく、真摯に丁寧に答えてくださいました。そして、はしがいこうじ氏の回答には深みがあり、どこまでも続くような奥深さを感じていました。また、飲み会ではいつもとは違った梯谷氏の姿に触れることができました。「小さい頃からどんなことを考えていたのか」、「どんな指導者に出会い何を教わってきたのか」、「仕事でこれまでどんなことにチャレンジして実績をだしてきたのか」、「どんな意識で常に仕事と向き合っているのか」について、いつも丁寧に私たちに教えてくれていました。
そして、印象的だったのが、私がある時、「どうしてこんなに高額な料金を設定しているのですか?」と聞いたことがありました。その時、梯谷幸司氏は、「社会的課題に本気で取り組むメンバーを集めたかったからだよ!」と答えました。この言葉は、当時の私の心に、とても強く刺さりました。
今も、梯谷幸司氏は自分の信じた社会的課題の改革をするために集中し、精力的に活動されています。梯谷先生のいつでも前だけを見ている姿勢やあり方は、今も私の心に響き続けているものがあります。

2.学んだことを実践したらとんでもないことに

上の画像は、シークレット・スライト・オブ・ランゲージ卒業後、梯谷幸司氏から誘っていただき一緒に認知症セミナーをした時のものです。

シークレット・スライト・オブ・ランゲージで学んだことを、当時、私が働いていた病院で私なりに実践してみました。すると、”狭心症”と”大動脈弁閉鎖不全症”を患い、毎日のように心臓発作を繰り返していた方が退院までの3ヶ月間、全く心臓発作が起きなくなったのには私が一番驚きました。
その他にも、”重度の認知症”を患い、コミュニケーションが全くとれなかった方が、関わり方(ある声かけをすることで)を変えることで、突然ベラベラと話し出すこともありました。
このように、劇的な変化を示してくれた患者さんは、挙げればきりがないほどでした。そのような奇跡的な患者さんの変化を目の当たりにすることになり、私自身が少し戸惑っていたほどです。
そして、当時の私は理学療法士(リハビリの専門家)という身体を治療するプロでしたので、患者さんから求められるのは当然、身体の治療のほうでした。しかし、病気の本質について学べば学ぶほど、心の奥(潜在意識)にある病気の原因を特定することと、それに対してアプローチすることのほうが患者さんの本質的な幸せへの手伝いができると考えるようになっていきました。そのため、理学療法士というひとつの枠におさまることをやめ、「新たな医療の枠組みを創造する」という言葉をテーマに掲げ、コーチ・カウンセラーとして独立するに至りました。
私の個人セッションでの【成果・実績・事例】はこちらをクリック

3.なぜ、私が常識を超えた結果を出せるようになったのか?


まず、上の図をクリックしてみてください。
なぜ、私がこのような結果を導けるようになったのかは明確な理由があります。
それには主に2つの要素があったと考えています。
1.梯谷幸司氏の教えの通りに純粋に実践してみたから。
2.梯谷幸司氏に教わったことでしっくりこない時は疑ったから。
(梯谷幸司氏自身を疑ったのではなく、そのことだけをやろうとしている自分を疑ったという意味です)
まず、教えをそのままやるだけで、結果がでることもたくさんありました。誰もが結果が出せるような形で、体系立てて教えているのは本当にすごいことだと思います。梯谷先生自身が今でも新たな発見をし、進化・発展し続けています。
一方、梯谷幸司(はしがいこうじ)氏から教えられた通りにやろうとしても、うまくいかない時もありました。正解はひとつではないのだから、当然といえば当然です。今なら、なぜあの時、あのやり方では結果が出せなかったのかがよくわかります。簡単にいうと、そのやり方や方法の裏側に作用しているもの(潜在意識の影響・自分の前提)に私自身が気づいていなかったからです。
しかし、そのうまくいかない時こそ、本質的な問題に気づくチャンスでもありました。そこで、うまくいかない時に「自分の独自の考えを搾り出す時だ」と捉え、自分なりの視点を進化させ、他の学びも深め、統合・進化させ、自分独自の本質的な関わりのできる理論(セルフエンパワーメント理論)を確立することができました。そのおかげで、今ではクライエントさんの望む結果を個人セッションやセミナーを通して、強力にサポートができるようになりました。
私の個人セッションでの【成果・実績・事例】はこちらをクリック
私の個人セッションの特徴

4.梯谷幸司氏主催のセミナー


私は、ある時期まで、梯谷幸司(はしがいこうじ)氏主催の勉強会のほぼ全てに参加していました。そのため、梯谷氏のセミナーの価値をよくわかっているほうだと思います。梯谷氏は、毎月、WEB(無料セミナー)や数千円のものなど、とても安い価格で開催しています。しかし、どのような価格のセミナーであっても、参加者が十分に満足するような価値を提供していました。

毎月開催されている少額(2000円〜4000円)のセミナーは、人の心の話から、実際のワークを交えた体験型のものです。人生全般に役に立つ内容で、一度行けば、すぐにファンになってしまいます。それほど面白い内容です。
毎月、新しいアイデア(先生が気づいたことを含めて)をワークとして盛り込んでくださるので、毎回参加していても基本的には飽きることはありません。そのため、リピーターも多く、すぐに満席になってしまいます。
ただ、幸いなことにいつでも事前予約を受け付けているため、参加したい場合はお早めにお問い合わせいただければ参加できると思います。
はしがいこうじ氏のセミナー情報はこちら

WEB無料セミナーは、「病気」に特化した内容です。「どのようなことが病気になる原因となり得るのか?」「その原因をどのように解消していくのか?」などのヒントが満載です。(私も一度登場したことがあります)
むしろ、ヒントどころか「無料でそこまで公開しちゃうの?」と思ってしまうほどの濃い内容です。ここでも、梯谷先生の新たな気づきや事例などの紹介もしてくれることもあり、とても価値のある【無料】セミナーだと思います。
無料WEBセミナーは、こちら

5.梯谷幸司氏主催のプログラム

【病気をやめる・やめさせる
3つのステップと18の心理技術とは】

リアル参加コース:54万円
オンライン参加コース:27万円

このコースについては、私は第一回目トレーナーズトレーニングに参加しました。
「病気をやめる・やめさせる
3つのステップと18の心理技術コース」を開催できるトレーナーを育成するためのコースです。
この講座では、どのようにして病気の原因を特定していくのか、どのようにそれを解消していくのかなどを中心に、様々な心理技術を使ったワークやトレーニングをしていきます。そして、本質的な変化を導くための心理技術を知識だけでなく、実践的に学べるコースとなっています。病気に特化したプログラムなので、自分の病気をやめたい人、家族の病気をやめさせたい人、医療者・セラピストなどに人気のコースです。現役の医師も何人も参加しています。そして、他では聞けないような最新の事例についても具体的に説明してくれます。
詳細はこちらから

【シークレット・スライト・オブ・ランゲージとは】

リアル参加コースのみ:108万円

私は、このコースの一期生(2015年3月スタート)です。この講座は、梯谷幸司(はしがいこうじ)氏が今まで学ばれてきたことを最も総合的かつ具体的に学ぶことができ、集中的に実践的な心理技術トレーニングができる講座です。
この講座は、12日間で行われ、同じ学びを共有する仲間と深くつながることも必然です。この講座は大変高額なこともあり、受けていた当時の私は、毎日がその金額の価値があるのかを無意識に確認していました。しかし、毎回お金には変えられない大きな価値を感じていました。そして、講座の最終日には、「自分の持っているあらゆる概念」が崩れ去っていく体験も味わいました。当時の私は、理学療法士として、医療制度の中でエビデンス(科学的根拠)や理論だけを信じているような頭ガチガチな人間でした。しかし、この梯谷幸司先生のプログラムを通して、今まで握り締めていた常識的な概念(制限)がどんどん崩れていくのがハッキリとわかりました。
詳しくは、各種セミナーの後に先生が少し解説してくれますので、興味のある方はそこで確認することもできます。

6.梯谷幸司氏のミッション


梯谷幸司(はしがいこうじ)氏のミッションは、「地球をトランスフォーム(変化・変容)すること」と表現されています。別の表現を使うと、「地球の常識を更新したい」という意味で使っているそうです。本当に不思議なくらい梯谷幸司氏の周囲では、ありえないことがおきます。癌を言葉で消すと最初に言いだした時も、多くの人に笑われたそうです。しかし、梯谷先生は他人の目を気にすることなく、目指す世界をどんどん突き進み、あっという間に常識を更新されていきます。その重要な目的のための一点集中エネルギーは、私が梯谷幸司氏を尊敬している点でもあります。

7.梯谷幸司氏は、なぜ人の人生を変えられるのか?

なぜ、梯谷氏は、人の人生を変えるのか?それは一言でいうと、梯谷氏が「人の人生はすぐに変わるものだ」と信じているからだと思います。梯谷氏の発する言葉はいつでも力強いです。それは本当に言葉の力を知っているからでもありますが、一番は本気でそのように信じているからです。
もちろん、梯谷氏は、潜在意識の領域のプロとして、とてつもない技術を駆使しています。しかし、私は何度も「技術があっても何も変わらない」「学んでも何も変わらない」という現実を多くの人と関わる中で見てきました。その体験から「本質は技術ではない」と思っています。梯谷幸司氏の本当のすごさは、自分の無意識を扱う専門家だということに尽きます。自分がこの世界を動かしていると知り、そこを自分で意図的にコントールしているように思います。
そして、梯谷氏はいつも自分が今、何のために何をするべきかが明確です。だからこそ、普通では考えられないようなスピードで仕事をこなし、常識を更新し続けています。そういう行動やあり方の中のひとつひとつに、自分の目標達成のためという意図を持っているため、それが周囲の人も巻き込むように大きな影響を与えているのではないかと私は見ています。もちろん、梯谷氏の心理的な知識(特に潜在意識・無意識の領域)や技術はズバ抜けていますが、それに加えて、その技術を使いこなす本体である「自分」をどんな時もうまく扱っているように私には見えます。その力強さには本当にいつも刺激を受けています。

8.シークレット・スライト・オブ・ランゲージの先にある個性

人が人生を変える時、新たな人生を創造する時、「どのようなスタートを切ればのか・・・」と悩みます。
そして、その迷いが続くと、「どうせ自分の人生なんて変わらない・・」とか「お金がかかるならやめておこう・・」という気持ちになりがちです。しかし、新たな意識で新たな行動をすれば、必ず自分の可能性がひろがります。
私も、シークレット・スライト・オブ・ランゲージに参加する前は消極的な人間でした。コースの中で梯谷氏の世界観に触れ、「不可能なんてないのかもしれない!」と思うようになりました。コースの中で最高に有意義な時間を過ごすことができました。しかし、今だからこそあのコースでの学びが終わりではなく、始まりだったんだと思えます。
私が梯谷氏のコースを卒業後、次々と心理・潜在意識の学びを深め、独自のメソッドを確立できたのも、「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」という土台があったからです。本当に「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」は、高額ですが、それ以上の価値があるものです。毎回満席(事前予約可)となりますので、ご検討されている方は早めにお問い合わせするとよろしいかと思います。もし、日程の都合があわなくても、後日調整して受講することもできるのもこのコースの大きな特徴です。そして、誰もがこの「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」で学んだことをいかして、自分の学びをミックスさせて、個性を際立たせるきっかけにすることもできます。
私も理学療法士という知識や技術、日本抗加齢医学会認定指導士としての知識、ヨガ哲学やヴィパッサーナー瞑想、唯識、その他の様々なメソッドの効果的なエッセンスを統合し、「セルフエンパワーメントメソッド」を確立しました。そして、その独自の方法で今はカウンセリングやコーチングを行っています。
今では、梯谷先生のところで学ばれた方が「さらに深く学びたい!」「新しい視点もほしい!」との思いで、私のセッションを受けてくださったり、私のコースで学びに来てくれるまでになりました。それも梯谷氏の教えを土台に様々な学びをミックスさせ、より力強く独自のメソッドを発展させてきたおかげです。今後も自分の特徴を最大限に活かせる形で、あらゆる個性が自由に輝き調和した世界を創造する取り組みを続けていきたいと思います。

9.梯谷幸司氏の書籍


“偽りの自分”からの脱出(幻冬舎)


本当の自分に出会えば、病気は消えていく(三笠書房)

10.まとめ

今の私があるのは、梯谷幸司(はしがいこうじ)氏との出会いがあったからです。梯谷氏は、私の自分探求、心理学探求への道の土台をつくってくれた存在です。今は教えていただいた心理技術も時には活用しながら、自分独自の形に進化させて個人セッションを行っています。それぞれの個性をどう輝かせるのか、それをいつも背中で教えてくれている梯谷幸司(はしがいこうじ)氏への心から感謝の意を込めて、これからも自分自身の活動に力を注いでいきたいと思います。

10.潜在意識の力で自らの力を呼び覚ますセッション

専門的なアプローチにより潜在意識を変化させ、現実に変化を創るコーチング・セッションを行っています。ご関心のある方は、まずは体験セッションにお申し込みください。

>>松木寛のプロフィール
>>セッション体験者のご感想(病気・身体症状の改善)
>>セッション体験者のご感想(願望実現・内面の変化)

>>体験セッションのご案内

関連記事

  1. あなたは本当に正しさの主張をしたいのか

  2. 環境が自分を創るのではなく自分が環境を創る

  3. もし後悔してしまったら

  4. 本当に一元論が正しいのか?

  5. 今、父が癌だったら

  6. 幸せは求めると離れていく!?