◎誰もが自分が幸せになることを、そして家族や周りの人それぞれが幸せになることを願っていいのだと思いました!

【ついに家族が最高のセラピストになる時が来た!】セミナーのご感想

昨日はありがとうございました。
熱く語っていただきましたが、割愛された内容も気になります。
そして、松木さんのミッション素晴らしいと思います。
病気だけでなく、子供、パートナー、親子、人との関わり全てに活かせますね。
Facebookに昨日のセミナーの投稿したのですが、言いたいことがしっくりせず、すぐに削除したのでこちらに感想載せますね。

昨日はセミナーお世話になりました。
私は経験から「心と体は繋がっている」と思っていました。
武術で体を緩める練習をしていたので、体が緩むと心も緩むことを体感していました。

先日体調を崩した際にも、緩めること温めることをしたところ、気持ちが楽になる感覚と共に調子も戻ってきました。

自分で癒すことができるのだから、家族がセラピストにもなれるはずと、セミナーの内容が楽しみでした。

時にはお医者さんや薬も利用するけど、自分で体に意識を向けるようにしていたら気づくことも多くなると思います。

痛みや不調から健康のありがたさが分かるけど、さらに何かを教えてくれるサインとして心と体に意識を向けることは大切なこと。

親戚や身内が介護している姿を前に思うのは介護と向き合うことは自分と向き合うことに繋がり、そこから家族との関係、自分の在り方を考えるきっかけになっていくのですね。

私は正直、介護や病気と関わることのマイナス部分に意識が向いていました。
でもそれは「本当にそうなの?」と思うようになりました。

そんな時だからこそ、自分の本当の思いや家族の本当の思いに触れることができて、今まで見えなかったことが見えてくるのですね。
私はそこに暖かいものを感じます。

苦しんでるのにそんな余裕ないかもしれないけど、人って本当は悲しいのに、素直になれなかったり怒る表現をしてしまうことって私はしたことあります。
本当の思いに気づいて表現できた時に、枠を外してありのままの関わりが持てたら、心から安心して暖かく幸せを感じるのではないでしょうか。

誰もが自分が幸せになることを、そして家族や周りの人それぞれが幸せになることを願っていいのだと思いました。

そんな気づきを得ることができて嬉しく思います。

  1. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

  2. 実は僕も心で感じられない人でした|感情がわからない

    2019.04.18

  3. 直感が導いてくれた恩師との再会で感じたこと

    2019.04.10

  4. 同じ価値観を共有できる仲間がいる!

    2019.03.28

  5. あなたの決めたことを反対された時の考え方|やりたいを邪魔する人…

    2019.03.24

過去記事一覧