本当に一元論が正しいのか?

 
私たちは、何か問題や悩みがある時に、どうしてもそれを扱おうとします。

もしかしたら、コーチやカウンセラーでさえもそのような状態になっていることも気がつかないでいたりします。

それだけ、正しいものを見つけようとする癖が生き方として教育され、習慣化されています。

しかし、問題を無効化するには、その問題に対して、良いも悪いも意味づけをしないことが大変重要な視点です。

これが言葉ではなく、本当の意味でわかっている人がどのくらいいるのでしょうか?

ヨガ哲学や比較宗教学や量子物理学やスピリチュアルを学んでいる人は、この意味がわかる人もいると思います。

ただ、何も意味づけをしない世界(一元論)を良いとする位置も実はその世界にはいないことであり、何も知らない状態と変わりません。

本当の意味でこの世界を超えると見えてくるものが違ってきます。

その視点でカウンセラー・コーチが見ていれば、クライアントさんは勝手に個性豊かに羽ばたいていきます。

そして、そのカウンセリング・コーチングでの経験をさらに深く自分の人生に落とし込むために、

今、自分がどのような視点であるかとあらゆる日常で確認していく。

関連記事

  1. ジョコビッチやハリウッドスターをも魅了する新たなヨガ「Zenciel」×真の強さと美しさの覚醒

  2. 今、父が癌だったら

  3. 環境が自分を創るのではなく自分が環境を創る

  4. 誰もが本物を見抜けるか

  5. 本当に行動が運命を変えるのか

  6. あなたの決めたことを反対された時の考え方|やりたいを邪魔する人は我慢している!?

  1. 本当の自分を知ることで、人生が一変しています。|セッションのご感…

    2023.04.05

  2. 前回のセッションでの経験は今までには無い、心を変革させるような…

    2023.04.01

  3. 味わった事のない感覚で感動が止まりませんでした。|セッションの…

    2023.02.27

  4. 自分が何者であるか、何をしたかったのか、思い出した|お客様から…

    2023.01.18

  5. 何年も動かなかった指が動くようになった|お客様からのご感想

    2023.01.18

過去記事一覧