【セッションのご感想】生きるパワーがみなぎる感覚があります

セッション前の状態

今回、最短で本当の自分にたどり着きたい思いから、松木さんたちのセッションが一番自分にマッチしていると直感的に感じたためお申し込みをさせていただきました。

私は子どもの頃、父、祖父からの暴言、暴力をずっと受けていました。それに対して祖母、母も「怒らせないようにしなさい」「おまえが悪いからだ」と言うばかりで、私は自分を悪いことにして感情を押さえ込むことを感覚的に覚えてしまい、家族は誰も守ってくれない、分かってくれないと感じていました。大人になって親とは離れて暮らしても、心理的には幼少期の感覚のままで、人の顔色や機嫌に自分の心理状態が左右されてしまうクセが抜けず、コミュニケーションがうまく取れませんでした。

セッション後の変化

・両親や祖父母に対し、私がこれまで感じてきた「誰も分かってくれない」という思いは、みんなに共通する思いであることがわかり、「みんなも本当は自分と同じ辛い思いをかかえていたんだ」と思いをはせることができるようになった。

・妻を親と同じく「分かってくれない人」として見てしまっていて、分かってもらうには自分はどうしたらいいのかと、手法を模索してきたが、分かってもらう、もらえないに関係なく、ただただ妻を分かりたい自分がいるだけになった。

・自分には人の心がわからず、感情もわからない人と思っていたが、本当の自分はあふれるほどあり、それを出したいと渇望していたことを、はっきり自覚できた。感覚的には、胸の中心が暖かくなるような感じ。

・本当の自分を、心ってこういうもの、こういった感覚なんだと実感することができて、生きるパワーがみなぎる感覚がある。

・徐々にではあるが、本当の自分と偽りの自分を分けて俯瞰的に見ることができるようになり、その場の状況を見ながら選択肢を考え、本当の自分が使う言葉や行動を選択できるようになった。

松木のコメント

Oさんとのセッションを通して、Oさんの親族すべての思いを受けて応援されているような感覚がセッション中にずっとありました。Oさんが大切なことに気づいた時、私もずっと鳥肌がたっていました。そこから、Oさんはセッションでの気づきを、あらゆる体験で実践し、日々トレーニングされています。

そのメールの内容からは、Oさんが本気で「自分とその家族を幸せにするぞ!」という気持ちをとても強く感じます。

生きていると人はいろいろな感情の波を体験していきますが、この日の気づきや体験によってOさんが創り出した現実は、今でもOさんの中で大切な柱になっているようです。人は人生を変えるような大きな気づきの時、言葉で表現しにくいような感覚を体験することがあります。その体験をしてしまえば、もう元には戻れなくなります。Oさんのこれからが私もとても楽しみです。


この記事を書いた人

セルフエンパワーメント・コーチ 松木 寛(まつき・ひろし)
潜在意識を変化させ、問題の根本原因にアプローチをするセッションを行っています。
様々な国内外の効果的な心理的手法を統合させた独自のメソッドは、ビジネスマンからアスリート・子どもから高齢な方まで、誰にでも受け入れられやすいセッションです。
ご関心のある方は、まずは体験セッションにお申し込みください。
>>セルフエンパワーメントコーチ 松木寛のプロフィール
>>個人セッション体験者のご感想・実績
>>体験セッションのご案内

関連記事

  1. うつ病は解消し、今は元気があふれてくる日々です

  2. 【コーチングのご感想】猫をかぶっていたワタシの猫が全ていなくなった感じ

  3. 『やっぱり全ては自己信頼。自分を好きになる究極のステップ』のご感想をいただきました

  4. 【カウンセリングのご感想】家族が病気の時、家族は何をしたらいいのか・・

  5. 【セッションのご感想】悩んでいた坐骨神経痛も消えた

  6. 【セッションのご感想】ガンから逃げたい

  1. 恋人に自分の本音を言えるようになる方法

    2019.11.25

  2. 苦手な人や嫌いな人との人間関係を変える付き合い方の習慣

    2019.09.26

  3. 大きなチャレンジができない人がやるべきたった一つの習慣とは

    2019.09.16

  4. 思考で考えてしまう・・正しさを求めてしまう人へ

    2019.07.13

  5. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

過去記事一覧