自分が何者であるか、何をしたかったのか、思い出した|お客様からのご感想

体験セッションを受けてくださった女性からいただいたご感想です。(掲載の許可はいただいております)

1.継続セッションを受ける前は、どのような状態でしたか?(どんなことに悩んでいましたか?)

妻との関係、親権の悩み、寂しさ、過去の諍いの悔しさ、先の展開に希望が持てないこと、自分の中に変わらない石のような重たさがあること、人を傷つけること、うまく相手の助けになれないこと

2.「体験セッションを受けたい!」と決めた理由は、どのようなことでしたか?

まず自分の気持ちを吐き出したかった。
一番親身に気持ちを受け止めてくれそうなのが、松木さんだったから。

3.実際に体験セッションを受けてみてどうでしたか?

自分の立つべき位置が明確になった。
自分が何者であるか、何をしたかったのか、思い出した。
自分自身の大きな目的の為に、ささいな憎しみや寂しさはどうでも良くなった。
それによって、相手にもっと違う態度で接することができそうです。

4.体験セッションを受けて、「今後こうなっていきそう!」と感じる明るい未来があれば教えてください。

自分の中に思い出させてもらった光に影響されて、相手も少しずつ輝き出すと良いと思います。
時間はかかるかもしれないけど、それによって、憎しみでしかなかった相手と、良い関係を築けるといいなと思っています。
同じ時間をかけるなら、憎しみや不安で過ごすより、こんな風に胸を張って過ごせる方が良い。
自分が誇れるようになるのが、松木さんのセッションの一番のポイントだと思います。

 

松木から一言

この方は、これまでもたくさんご自分と向き合われていました。
そのため、僕がお伝えしたいことがスーッと受け止められ、どんどん新しい自分を思い出していかれました。

人は自分を見つめようとする中で、何かの恐れを感じそうになると無意識に抵抗しようと反応することがありますが、
この方は今日ここで本当の自分を見つけるぞ!という気持ちがとても強くあったのか、何の抵抗感もないまま、
どんどんその人の深いところにある本質について話すことができました。

本来なら少しずつ抵抗しない場所から話を進めなればならない場所でも、どんどん理解され、どんどん気づかれていきました。
日常でご自分と向き合われているこその反応でした。

現在の自分の内面の世界で起きていること、自分にとっての課題も明確にお持ちの状態でしたので、
なぜそのようなことが起きているのか、何のためにその体験が必要だったのか、深いところで自分は何を望んでいるのか
そのことをお話を聞きながら整理させていただきました。

八方塞がり状態で絶望の目をしたいたのが、魂の目的を心の中心に置いて目をキラキラさせながら
セッションを終えられていたのが印象的でした。

関連記事

  1. 【セッションのご感想】ガンから逃げたい

  2. 人間関係がうまくいかず、人が怖いと感じていた女性|セッションのご感想

  3. 【センションのご感想】私を苦しめた父親とは心地よい関係に変化しました

  4. 【セッションのご感想】本当の自分にやっと触れた気がしました!

  5. 罪悪感を抱く仕組みが理解できました|お客様からのご感想

  6. 【コーチングのご感想】抜本的に生き方を変えることができました

  1. 様々な心理手法をどのように使い分けるのか?|カウンセリング技術…

    2024.01.23

  2. セッションのご感想|お母様のご病気と向き合われて

    2024.01.18

  3. 自己否定は活用できる|自分に批判的な声の裏側にあるものとは

    2024.01.17

  4. 本当の自分に辿り着くために高めたい力とは

    2024.01.02

  5. 人間関係がうまくいかず、人が怖いと感じていた女性|セッションの…

    2023.12.19

過去記事一覧