認知症の家族同伴カウンセリング

 
先日、認知症と言われていた方(父)との家族同伴(娘)でのカウンセリングを行いました。

お父さんが認知症と言われていて、娘さんが連れてきてくれました。

セッション直後のお父さんの変化にも驚きましたが、娘さんの変化もまたすごいものでした。

お父さんの中にある潜在意識にある病気の原因を解消することによって、

お父さんの想いが変化し、その様子を見たり、聞いたりしている中で、

その脳波に同調した娘さんの想いが変化し、

娘さんの潜在意識の中のいらないものが表出し、

それを解消することで変化していったのだと考えています。

以下、セッション終了後、6日後のメッセージの抜粋です。

カウンセリングでしこりも傷も消える!?⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

以下、セッション終了後、6日後のメッセージの抜粋です。

なんというか、今回私自身が1番ビックリしたのは、

今までは、やらなきゃいけないとか、やってあげてるって思っていたのが、
自分がやりたいからやる。自分のためにやる。という行動に変わったことです。

あ!それと、私の傷も薄くなっています。

3年くらい前に背中に急にできた2cmくらいしこりがもうないに等しいくらい小さくなっています。

そして、膝にあった小さい頃できた傷と手術した傷も薄くなってきてます!

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

重要なのは、娘さんにはカウンセリングは直接しておらず、お父様に対してカウンセリングをしていただけです。

ですので、娘さんにしこりがあったことや、膝の傷などはメールでのご感想で初めて私も知りました。

ただ、どのようなことに気づいてどう解消したからはメッセージのやり取りでフォローさせて

いただいていたので、「なるほど」という感じでした。

家族同伴でのカウンセリングは、私の想像を超えた効果がありそうです。

ただ家族の前で言いたくないこともあるので、ずっと一緒ではなく、個別の時間をつくることもできます。
ご希望をお伝えください。

(メッセージ掲載の許可は頂いております)

関連記事

  1. 【セッションのご感想】大手外資系企業の方のコーチング

  2. 孤独の先にある美しい世界

  3. 認知症の本当の原因とは?

  4. 決断できるために必要な条件はあるのか

  5. 人生流れるように進むために何を決めるのか?

  6. 病気が治りにくい理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 02日
  2. 2016年 11月 26日
  1. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

  2. 実は僕も心で感じられない人でした|感情がわからない

    2019.04.18

  3. 直感が導いてくれた恩師との再会で感じたこと

    2019.04.10

  4. 同じ価値観を共有できる仲間がいる!

    2019.03.28

  5. あなたの決めたことを反対された時の考え方|やりたいを邪魔する人…

    2019.03.24

過去記事一覧