環境が自分を創るのではなく自分が環境を創る

 
よく「良い人間になるために、良い環境に身を置こう」というが、本当だろうか?

そして、「ネガティブな人といると、自分までネガティブになる」という人もいるが、これも本当だろうか?

もしかしたら、ネガティブな人の影響を受ける自分がただネガティブな状態であって、

自分がネガティブな状態だから、相手がネガティブな言葉を発していることに反応して、相手のせいにしているだけかもしれないし、

周囲の発言がネガティブに感じた自分にネガティブな何かがあるだけなのかもしれない。

よく環境を変えると、自分が変わるというが、今ある環境における問題が教えてくれている自分自身に気がつかない限り、また同じような状況が繰り返されることはよくあること。

環境のせいにしたり、環境に対する問題を避けるように、環境を変えても本質的な解決にはならない

環境が自分を創るのではなく、自分が環境を創るのだろう。

それには、自分が周囲の環境を創るために、どういう自分でいたくて、どう自分を信頼していくのかが鍵になる。

その答えを導くのも、カウンセラーとしての私の役割のひとつ。

これについては、方法がわかれば案外簡単で、潜在的に眠っている願望を思い出し、実行していく上での重要なことをただ単純に取り組むだけである。

「環境が人を作るのではありません。環境は私たちに、私たちがどんな人間であるかを教えてくれるだけなのです。」 ジェームズ・アレン

関連記事

  1. 本当に行動が運命を変えるのか

  2. 生きる目的を探すことは重要なのか

  3. ただ自分の個性を輝かすだけ

  4. あなたは本当に正しさの主張をしたいのか

  5. 私は価値がない人間の嘘

  6. 『そろそろ、感情の先にある”本当の自由”を手にいれよう』のご感想をいただきました

  1. 恋人に自分の本音を言えるようになる方法

    2019.11.25

  2. 苦手な人や嫌いな人との人間関係を変える付き合い方の習慣

    2019.09.26

  3. 大きなチャレンジができない人がやるべきたった一つの習慣とは

    2019.09.16

  4. 思考で考えてしまう・・正しさを求めてしまう人へ

    2019.07.13

  5. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

過去記事一覧