もし後悔してしまったら

 
私たちは、本当に自分のことを大切にしているのでしょうか?

私たちは、誰もが少なからず過去に後悔したことがあるかもしれません。

「あの時、ああしとけばよかったなぁ・・」

「あの時、こうしとけばよかったのに・・」

などの気持ちもでることもあるかもしれません。

もしかして、大切な気づきを得た時にでさえ、

「もっと早くからこうしておけばよかった」

などの後悔が湧いてくるかもしれません。

しかし、後悔は、私たちに本当は何のために湧いてくるのでしょうか?

もしかしたら、後悔は、「今ならこうできる!」「今、本当はこうしたい」という「今大切にしていること」を私たち自身に強く感じさせてくれるものなのかもしれません。

後悔で自分を責めるのではなく、後悔から自分を大切にする想いを見つけてみることが、何よりも今の自分を大切にすることになるのかもしれません。

後悔していることの裏にある自分の想いを今この瞬間から大切にすることしか私たちはできないのかもしれません。

関連記事

  1. 『そろそろ、感情の先にある”本当の自由”を手にいれよう』のご感想をいただきました

  2. 奇跡はどこにあるのか

  3. 本当に依存は悪者なのか?

  4. 自分がわからなくなった時、どうすれば光が見えてくるのか?

  5. 表現とその奥にある本当の想いは別物

  6. ジョコビッチも取り入れているヨガ「ZENCIEL」とは

  1. あれだけ女は敵だと思ってたのにその感覚がなくなっていることには…

    2024.03.29

  2. 一生の財産になると思っています。|セッションのご感想

    2024.03.29

  3. 温かい愛の感覚を感じられるようになった事は、両手で抱きしめたい…

    2024.03.29

  4. セッションのご感想|これは人生において本当に宝物だと感じました!

    2024.03.29

  5. セッションのご感想|お母様のご病気と向き合われて

    2024.01.18

過去記事一覧