もし後悔してしまったら

 
私たちは、本当に自分のことを大切にしているのでしょうか?

私たちは、誰もが少なからず過去に後悔したことがあるかもしれません。

「あの時、ああしとけばよかったなぁ・・」

「あの時、こうしとけばよかったのに・・」

などの気持ちもでることもあるかもしれません。

もしかして、大切な気づきを得た時にでさえ、

「もっと早くからこうしておけばよかった」

などの後悔が湧いてくるかもしれません。

しかし、後悔は、私たちに本当は何のために湧いてくるのでしょうか?

もしかしたら、後悔は、「今ならこうできる!」「今、本当はこうしたい」という「今大切にしていること」を私たち自身に強く感じさせてくれるものなのかもしれません。

後悔で自分を責めるのではなく、後悔から自分を大切にする想いを見つけてみることが、何よりも今の自分を大切にすることになるのかもしれません。

後悔していることの裏にある自分の想いを今この瞬間から大切にすることしか私たちはできないのかもしれません。

関連記事

  1. 心と体の関係(心は物理的現象も変化させる)

  2. 健康の方程式は本当にあるのか?

  3. 確実な技術がほしいと思っている方へ

  4. 欠乏感を煽る情報に振り回されたいか!?

  5. 自分を責めるために情報を使わないススメ

  6. LeoZen氏✖️松木(美しさと強さの覚醒)ワークショップのご感想

  1. 恋人に自分の本音を言えるようになる方法

    2019.11.25

  2. 苦手な人や嫌いな人との人間関係を変える付き合い方の習慣

    2019.09.26

  3. 大きなチャレンジができない人がやるべきたった一つの習慣とは

    2019.09.16

  4. 思考で考えてしまう・・正しさを求めてしまう人へ

    2019.07.13

  5. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

過去記事一覧