もし後悔してしまったら

 
私たちは、本当に自分のことを大切にしているのでしょうか?

私たちは、誰もが少なからず過去に後悔したことがあるかもしれません。

「あの時、ああしとけばよかったなぁ・・」

「あの時、こうしとけばよかったのに・・」

などの気持ちもでることもあるかもしれません。

もしかして、大切な気づきを得た時にでさえ、

「もっと早くからこうしておけばよかった」

などの後悔が湧いてくるかもしれません。

しかし、後悔は、私たちに本当は何のために湧いてくるのでしょうか?

もしかしたら、後悔は、「今ならこうできる!」「今、本当はこうしたい」という「今大切にしていること」を私たち自身に強く感じさせてくれるものなのかもしれません。

後悔で自分を責めるのではなく、後悔から自分を大切にする想いを見つけてみることが、何よりも今の自分を大切にすることになるのかもしれません。

後悔していることの裏にある自分の想いを今この瞬間から大切にすることしか私たちはできないのかもしれません。

関連記事

  1. 音楽と自然と人間を調和させるアーティスト山田証さん

  2. 前向きな言葉ほど危険

  3. 感情の本質を活用するためのワークショップ

  4. やりたいことをやっている先にあるもの

  5. 環境が自分を創るのではなく自分が環境を創る

  6. 心と体の関係(心は物理的現象も変化させる)

  1. 批判される機会の究極の活用法|やりたいことを反対された時こそチ…

    2019.03.14

  2. ステージ4の子宮頸がんの腫瘍マーカーが正常値に!

    2019.03.14

  3. 僕が今の活動を始めようと思った本当の理由とは

    2019.03.14

  4. 小学校の先生から今、時を超えて受け取れた愛

    2019.01.12

  5. 【セッションのご感想】悩みを自分でも解決出来るようになっている…

    2019.01.05

過去記事一覧