環境から自分を知ることが、自分を生きる大きな一歩

 
知識を追い求めている人は、知識を与えたい人から学ぶ

人間を追求している人は、人間を追求している人から学ぶ

自分を追求している人は、あらゆる物事から学ぶ。

もし、今あなたがいる環境は、自分が無意識に望んでいるとしたらどう考えていくでしょうか?

「そんなわけない」と怒る人もいるだろうし、

それを認めたくないとしたら、その認めたくない自分の裏に隠れた自分がその環境を作っている。

それを認めることができたら、新たな自分をはじめられる。

あらゆる物事を他人のせいではなく、全部自分が創造したものだと考えてはじめて、

自分の内面に向かうことができる。

どんな自分もただ無意識に演じているだけ、だとしたら意識的に演じ方を変え、楽しむこともできる。

そして、他人に影響されるような演じ方を選ぶのも、

自分が演じたいように演じるのもどちらも悪くない。

病気についても、環境のせい、食事のせい、生活習慣のせいと自分以外の外のせいにするのではなく、

自分の内面から原因を洗い出すことに目を向けることもできる。

そういう方が劇的に病気をやめていく。

関連記事

  1. 私は価値がない人間の嘘

  2. 医療はアートに向かっている

  3. 怒りを出すことは本当にありのままの自分なのか?

  4. 自分がわからなくなった時、どうすれば光が見えてくるのか?

  5. 社会のイメージの中に私たちはいる

  6. スポーツパフォーマンスと言葉の関係