環境から自分を知ることが、自分を生きる大きな一歩

 
知識を追い求めている人は、知識を与えたい人から学ぶ

人間を追求している人は、人間を追求している人から学ぶ

自分を追求している人は、あらゆる物事から学ぶ。

もし、今あなたがいる環境は、自分が無意識に望んでいるとしたらどう考えていくでしょうか?

「そんなわけない」と怒る人もいるだろうし、

それを認めたくないとしたら、その認めたくない自分の裏に隠れた自分がその環境を作っている。

それを認めることができたら、新たな自分をはじめられる。

あらゆる物事を他人のせいではなく、全部自分が創造したものだと考えてはじめて、

自分の内面に向かうことができる。

どんな自分もただ無意識に演じているだけ、だとしたら意識的に演じ方を変え、楽しむこともできる。

そして、他人に影響されるような演じ方を選ぶのも、

自分が演じたいように演じるのもどちらも悪くない。

病気についても、環境のせい、食事のせい、生活習慣のせいと自分以外の外のせいにするのではなく、

自分の内面から原因を洗い出すことに目を向けることもできる。

そういう方が劇的に病気をやめていく。

関連記事

  1. ココロ×カラダ×ライフデザイン研究会「見えない力を見える化する究極のアンチエインジングセミナー」

  2. 言葉と行動を一致させる

  3. セッションと日常でのアドバイスの違い

  4. 長年苦しんだ喘息もあっさり消えた(ご感想をいただきました)

  5. 病気をやめるヒント満載な熱い男からのメッセージ

  6. 梯谷幸司氏は、なぜ人の人生を簡単に変えられるのか?

  1. 思考で考えてしまう・・正しさを求めてしまう人へ

    2019.07.13

  2. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

  3. 実は僕も心で感じられない人でした|感情がわからない

    2019.04.18

  4. 直感が導いてくれた恩師との再会で感じたこと

    2019.04.10

  5. 同じ価値観を共有できる仲間がいる!

    2019.03.28

過去記事一覧