批判される機会の究極の活用法|やりたいことを反対された時こそチャンス

僕たちは、自分が何かを望み、それを素直に表現したら、周りに「ダメ!」と言われることがある。


それは、幼い頃、自分の純粋な望みを表現したら、親に「ダメ!」と言われた体験と似ている。

 

僕たちは、
そうやって、大切な人に否定されるのが怖くて、
そうやって、大切な人に否定されるのが辛くて、

 

「こんな気持ちになるくらいなら、やめた方がマシだ!」と自分の望みを諦める選択をしてきたりする。

 

しかし、
この体験の本質を理解すれば、全く違った選択になるかもしれない。
このような時は、まずは逆の立場で考えてみるといい。

 

さて、ここで1つ想像してほしい。

 

今、あなたの大切な人が、「これをしたい!」と
純粋な望みを表現してくれていたとする。

 

そこで、あなたは、その大切な人に対して、
どんなふうに答えてあげたいだろう?

 

「ダメ!!」

 

それとも、

 

「いいね!」

 

どちらの言葉を口にしている時の自分を望んでいるだろうか?

 

その大切な人の望みを信じて、受け入れ、応援している時に、あなた自身が幸せを感じるのではないだろうか?

 

僕たちは、誰もが幸せを感じたいと願っている。
それなのに、その幸せを感じる条件のようなものに固執し、今という瞬間の幸せを逃していたりする。

 

これは、無意識に僕たちが選択しがちな罠のようなもので、自分でどんな条件に固執していたのかに気づき、それを手放すことをしない限り、影のようについてくる。

 

その幸せを感じにくくする条件をどうやって手放すのか?
それにはまずはそれに気づくことから始めなければならない。

 

本当は、あなたの大切な人も「ダメ!」と言いたいわけではなく、「いいよ!」と言いたいはずだ。
「そのような言葉を素直に言えない自分から卒業したい」とさえ思っている。

 

なぜ、そう言い切れるのかというと、
昔、僕にもこんな体験があった。

 

ある時、大好きな彼女が、
「あの人(男性)と出かけたい」と言ってきた。


その時、僕の中の思考が勝手に望んでいない状況と結びつけ、
不安に囚われ、「いいよ!」と言ってあげられなかったことがある。


ここでは、「それは普通じゃん」とか、「別にいいじゃん」ということではなく、
その時の自分の心の中には、間違いなく苦しみがあった。

 

その彼女の選択に、「ダメ!」と言っても、大切な人を認めてあげられていない自分に苦しみを感じ、「いいよ!」と言っても、自分の中の不安と結びつけて、苦しかった。

 

「じゃ、どうすればいいんだよ!」
そう思っていた。

 

その時、僕の大好きな彼女は、自分の感覚を信じて、その人に会いにいくという選択をしてくれた。

 

その彼女の行動に、はじめは怒りや不安を感じた。
でも、彼女は僕がその不安という幻想から、
必ず抜け出せることを信頼した上で、
自分の感覚を信じて、行動してくれた。

 

そのおかげで、僕の中で色々な感情を感じることができた。
その自分から湧き出た感情と向き合い、
やっとシンプルな答えに気づけた。


本当は、ただ、好きな彼女の想いを信頼して、
「いいよ!と言ってあげたかった」と。

 

なぜなら、
色々なものを超え、執着を手放し、
大切な人の純粋な望みを信頼して、
心の底から「いいよ!」と言えた時の自分は、
心底、幸せだったから。


僕の中では、それが最高の感覚であり、
答えだった。

 

これを言葉で言うのは簡単だ。
でも、その自分の中の不安を超えるのには、
勇気と時間が必要だった。

 

その時、彼女が僕のことを気にして、
彼女自身の望みを我慢していたら、
僕は今でも不安という幻想を背負ったままだっただろう。

 

でも、その幻想を手放せた今の僕だからこそ、
彼女に言いたいことがある。

 

「自分の望みに純粋でいてくれてありがとう」

 

僕たちは、色々な幻想に囚われ、
幸せを感じるであろう状況を守ろうと、
幸せを感じる今を不幸せにしていたりする。

 

僕たちは、幸せはこうあるべきという形や状況に固執し、目の前の幸せを感じるチャンスを否定や怒りとして、表現してしまったりする。

 

でも、そのような幸せを感じにくくしている
幻想という名の思考から抜け出すには、
あなた自身が望みを生きるしかない。

 

でも、望みを真剣に出しはじめると、強い幻想が襲ってくる。

・こんなことを選択してよかったのだろうか?
・こんなことをして誰かを苦しめているのではないか?
・自分のことしか大切にしていないのではないか?

 

でも、その全てが本当に幻想だ。

 

本気で信じてみてほしい。

 

あなたの我慢した先に大切な人の幸せがあるのではなく、
あなたの望みを叶えた先に大切な人の幸せがある。

 

自分が我慢した方が、周りが幸せになるいう幻想を信じていないだろうか?
自分が幸せである先にしか、あなたの周りの幸せはない。

 

もし、そう思えないなら、
それは苦しみの連鎖という多くの人が気づいていない「無意識の罠」に引っかかっている。

 

そこから力強く抜け出すには、
自分の望みを力強く信じ抜くしかない。

 

そして、もう一度言う。

 

あなたが大切な人は、あなたに「ダメ!」と言いたいわけではない。
例え、本当にそう表現していたとしても、
本当は、そう言いたいわけではない。

つまり、本音は違うところにある。

 

ただ、現時点では、
その大切な人は、そう言わざるを得ないような心理状態なだけだ。

 

なぜ、このような心理状態になるかは、
丁寧に深く理解することが大切になるが、
ここではシンプルに表現させていただく。

 

  • あなたの行動で自分の安定が壊れると恐れている
  • 本当はあなたと同じような行動をしたい

 

このどちらかではないだろうか?

 

そんな不安になっている大切な人が、
幸せになるためにあなたにできることがある。


それはあなたの幸せを貫くことだ。
あなたの望みを貫くことだ。

 

あなたが幸せの延長線上にしか、
あなたの大切な人の本当の幸せはない。

 

つまり、
あなたが本当にしたいと望んでいることなら、
あなたの幸せのためにも、
あなたの大切な人の幸せのためにも、
あなたの中の望みを表現してあげてほしい。

 

その先にしか、
あなたの望んでいる本当の幸せはない。

 

今までの古い思考パターンで選択すると
人生は変わらない。

本気で自分の望んでいる新しい思考パターンで
物事を選択することで人生が変化していく。

 

いつからでも自分の生きる世界は変えられる。
反対されたり、批判されたりしても、むしろそれがチャンスになる。

 

そのチャンスを自分らしく超えるのか、
今までと同じパターンを繰り返すのかは、
意志によって決める。

 

その意志こそ、
人間が持つ最高の力だ。
人間が持つ最高の自由だ。

 

ぜひ、誰かに反対されて、悩まれている状況だとしたら、最高の未来が開かれると信じて、あなたの望みを力強く叶えてほしい。あなたの望みを勢いを持って決断・行動・選択をしてほしい。

 

<今後のイベント開催予定>

東京3月開催【第二期・募集中(残席2)】
「自分の幸せを深め、他人を幸せにする自分になる長期講座」
【スケジュール】
第1回3月30日(土)10:00-16:30
第2回3月31日(日)10:00-16:30
第3回4月20日(土)10:00-16:30
第4回4月21日(日)10:00-16:30
第5回5月18日(土)10:00-16:30
第6回5月19日(日)10:00-16:30
第7回6月8日(土)10:00-16:30
第8回6月9日(日)10:00-16:30
第9回7月14日(日)10:00-16:30
第10回7月15日(月・祝日)10:00-16:30
※時間は、全て10:00-16:30
ご参加難しい日程がある方は、別途ご相談ください。

【その他のイベント】
東京「第4回:大切な人を癒すための言葉のかけ方3つの法則」
日時:3月20日(水))19:00〜21:00
料金:3000円
場所:池尻大橋周辺

東京「タイトル未定」
日時:4月15日(月)19:00〜21:00
料金:3000円
場所:淀屋橋周辺

東京「体と心の不思議な世界・無意識的な反応をどう活用するか」(仮タイトル)
日時:6月23日(日)10:00-12:00
料金:3000円
場所:都立大学周辺

東京「ハリウッドスターも指導するヨガインストラクターとのヨガと心のコラボイベント」(仮タイトル)
日時:6月23日(日)13:00-16:00
料金:3000円
場所:都立大学周辺

東京「国際的バレエダンサーが教える、美しさ、エレガントさ、強さ、を最大限引き出す方法(初心者大歓迎)」(仮タイトル)
日時:6月23日(日)17:00-19:00
場所:都立大学周辺

※国際的なバレエダンサーでもあるLeoZen氏が担当
イベントページやLINE@登録はコメント欄に貼り付けます。
セルフエンパワーメント・コーチ
松木寛

関連記事

  1. 病気は本当に幸せじゃないのか?

  2. 実は僕も心で感じられない人でした|感情がわからない

  3. アファメーションで潜在意識を効果的に書き換える|恋愛・お金・人生の望みを叶えよう

  4. 【セッションのご感想】電車に乗っても、 不安がる自分がどこにもいないんです!

  5. 家族が病氣になった時、本当にできること

  6. 【城下暁美さん】老眼、躁鬱、パニック障害、便秘、不眠、自殺願望の全てが消えた!

  1. 感じると考えるの違いを人生に活かす力

    2019.04.25

  2. 実は僕も心で感じられない人でした|感情がわからない

    2019.04.18

  3. 直感が導いてくれた恩師との再会で感じたこと

    2019.04.10

  4. 同じ価値観を共有できる仲間がいる!

    2019.03.28

  5. あなたの決めたことを反対された時の考え方|やりたいを邪魔する人…

    2019.03.24

過去記事一覧